安い保険の選び方TOP > 保険用語 > 三大疾病、七大生活習慣病とは

三大疾病、七大生活習慣病とは

三大疾病、七大生活習慣病とは

七大生活習慣病とは、

  • がん
  • 心疾患
  • 脳血管疾患
  • 糖尿病
  • 高血圧性疾患
  • 肝硬変
  • 慢性腎不全

七大生活習慣病のうち、死亡原因の上位3つの

  • がん
  • 心疾患
  • 脳血管疾患

が、三大疾病といわれています。

三大疾病、七大生活習慣病とは 関連記事

保険契約の被保険者とは

一般的に、夫が保険に入り、妻が受取人として考えると、保険に入った夫自身が、被保険者となり、保険の対象者となっている人です。保険料を払っている契約者と言うこと。...続く

保険の受取人とは

一般的に、夫が保険に入り、妻が受取人として考えると、保険金をもらうことができる妻のこと。入院や契約期間満了などで受け取るお金、「給付金」、「年金」と呼ばれるお金は、保険契約者本人の夫になります。...続く

先進医療とは

先進医療とは、厚生労働大臣が認めた先進性の高い医療技術のこと。つまり、医療費が健康保険対象外で、全額自己負担になるので高額な医療費がかかります。先進医療の例陽子線治療重粒子線治療など...続く

Top へ