医療保険の必要保障日額

02.jpg医療保険の必要保障額は、入院に必要な日額に入院日数をかけた金額になります。入院日額は医療費の自己負担分や入院時の食事代、交通費などの諸雑費、個室なの差額ベッド代、入院時の給料減少分を計算すれば出せます。

健康保険の自己負担のポイントとなるのが高額療養費制度です。通常健康保険は3割負担なので100万円の治療費がかかれば30万円の自己負担になります。しかし高額療養費制度は、医療費を一定額以下にする目的で支給される制度なので自己負担は87,430円ですみます。

入院日額で気になるのが差額ベッド代。入院が長引くと負担がさらに大きくなります。差額ベッド代の全国平均は日額3,000円から5,000円程度と言われています。首都圏になると倍以上になると考えられます。

一般病室に空きがないなど病院側の都合なら差額ベッド代は徴収されませんが、自分で個室を希望すれば徴収されます。それと健康保険のきかない最先端治療は原則として自由診療になるので全額自己負担になります。

差額ベッド代や先進医療費を考えなければ、一般所得者で入院日額5,000円から10,000円程度で考えればいいのではないでしょうか。

ちなみに健康保険の被保険者は、長くて1年6ヶ月間標準報酬日額の3分の2が保障されるが国民健康保険にはその保障はありません。ですから自営業者などは所得を保障する保険や入院日額の増額で補えるように設定しておきたいものです。

医療保険の必要保障日額が知りたければこちら>>