安い保険の選び方TOP > 保険の基礎知識 > 死亡保障の必要保障金額

死亡保障の必要保障金額

死亡保障の必要保障金額

死亡保障の必要保障金額の基本的な考え方を紹介しましょう。

保険はほとんどの家庭が一家の大黒柱である夫にかけている場合が多いでしょう。そこで夫が亡くなった場合の今後の遺族の生活保障がいくらになるかということになります。

生活保障金額は、その家庭の総収入や現在の貯蓄額の総額を差し引いて計算します。算出条件として子供は成人または独立まで。配偶者は平均年齢まで計算することになります。遺族が今後生活していく為に必要な支出金額は、食費、教育費など生活に必要な最低限の合計金額になります。家計簿なんかつけているとわかりやすいのでしょうが、基本的には年収を考えれば目安がわかると思います。

そして遺族の収入金額は、年金があれば遺族年金などの公的年金、退職金制度があれば死亡退職金、弔慰金、妻が働いていれば妻の収入になります。金融資産額は、現金による貯蓄だけではなく株式や債権、別荘など換金可能な資産も含めて考えます。

以上の項目を算出した結果、遺族が今後生活していく為に必要な累計金額を現在の換金可能な金融資産額の方が多ければ基本的には死亡保障はいらないと言うことになします。この計算でマイナスがある場合に初めて保険に入りこの不足分を補えばいいということです。

死亡保障の必要保障金額 関連記事

保険の基本は死亡保障と医療保障

保険に入るのはなぜですか?それは将来の万が一に備えるためです。保険は、保険のニーズをしっかりと把握し、どの程度の保険が自分にとって必要か考えて保険に入る必要があります。保険の基本は、死亡保障と医療保障をまずは考えます。普通はこの死亡保障と医療保障で充分です。保険に回すだけのお金...続く

医療保険の必要保障日額

医療保険の必要保障額は、入院に必要な日額に入院日数をかけた金額になります。入院日額は医療費の自己負担分や入院時の食事代、交通費などの諸雑費、個室なの差額ベッド代、入院時の給料減少分を計算すれば出せます。健康保険の自己負担のポイントとなるのが高額療養費制度です。通常健康保険は3割負担なので100万...続く

生命保険のタイプは終身保険、定期保険、逓減型定期保険

生命保険のタイプは3つ。いつ死んでも保険が支払われる保険が終身保険、保障される期間が10年など決まっている掛け捨ての保険が定期保険、定期保険の中でも年々受け取ることのできる保険金額が減っていく保険が逓減型定期保険になります。自分の目的にあった保険のタイプを選ぶとしたら、お葬式代が欲しければ終身保...続く

保険 基礎用語 まぎらわしい呼び名

一般的な保険契約は、夫が保険に入り、妻を受取人にするケース。この場合、夫が保険の対象人となるので被保険者と呼ばれ、保険料も払っている契約者となる。そして被保険者である夫が死亡すれば、妻が保険金を受け取る受取人となる。被保険者の病気や入院したとき、満期などでもらえるお金は、給付金や年金と呼ばれ、受...続く

保険の手厚い特約本当に必要?

保険のつくりってなんか複雑に感じます。でも保険の多くは本体である主契約とオプションの特約で構成されています。見分け方は商品名にある。○○特約などあればオプション付きの商品に間違いない。商品名がなくても複数の特約がついている可能性はある。この特約が要注意。特約はあくまでもオプションなのに主契約より...続く

Top へ