安い自動車保険の最近の記事

自動車保険会社を比較する

09.jpg自動車保険料って以外と気にしてない人いますよね。一昔前まではどこの保険会社で契約しても、車や年齢条件が同じなら保険料も全く同じでした。そのため保険料をあまり比較することがなかった。

しかし、1998年の自動車保険の自由化により自動車保険会社が自由に保険料を決めることができるようになり、同じ条件でも自動車保険会社によっては安かったり高かったりするようになりました。

最近テレビでもよく見かける通販により自動車保険の販売・契約をする「ダイレクト系保険会社」は代理店にかかるコストを削減できるため、代理店系保険会社に比べて保険料が安くなっています。

つまり、代理店系から通販系へ保険会社を替えるだけでかなり保険料を安くすることができます。 さらに補償内容を絞れば保険料を安くすることができます。

保険料の違いは、車種の違いだけでも変わる場合があります。同じダイレクト系(通販系)でも差があるので自動車保険の更新をひかえている人は一度自動車の保険料を比較してみてはいかがでしょうか。

無料自動車保険一括見積もりはこちら>>

複数の自動車保険を無料で一括見積もり

carikatu.jpg本当に必要な補償だけ充実させて、保険料を安く無駄を省きたい人には、通販系の自動車保険が人気です。しかし、たくさんの保険会社に個別に見積もりを依頼するのは面倒ですよね。そんなときはインターネットの自動車保険比較サイトが便利。

インターネットの自動車保険比較サイトでは、車種、年齢、免許証の色、希望補償内容などの条件を入力すれば、メールでは数分、郵送では2,3日で見積書がとどきます。

あとは時間のあるときに、じっくりと比較・検討すればOK。申し込みはネット上で契約になります。保険会社によっては、ネット上の契約ならさらに割引をしてくれる会社もあります。

私も実際に見積もり依頼しましたが、素早い対応で非常にわかりやすく、じっくり比較検討できました。なんと言っても無料だし、勧誘の電話がないことがうれしいですよね。

安い自動車保険を選ぶなら通販系自動車保険

cartuhan.jpg自動車保険と言ったら、大手代理店で契約するのが一般的だったが、今は本当に必要な補償は充実させ、保険料は安くしたいという人には通販系の自動車保険がおすすめ。

なぜ、ネットの通販系自動車保険が安いのかというと、代理店を持っていないことが大きな理由。代理店を持っていないと言うことは、経費を抑えられることになる。当然、経費がかからなければ保険料も安くできるというわけです。その他、年齢、使用目的、走行距離などリスクを細分化することによって、保険料を下げる努力をしています。

通販系の自動車保険は、ネットで契約をするので手続きは簡単。しかし、インターネットなれていない人にとってはわからないようです。そのため、主な顧客層は、30代、40代のビジネスマンで、ITに慣れ親しんでいるお客が多いようです。

では、自動車保険は通販系の保険会社で契約すればいいのかというとそうでもなく、気になる点もあります。それはサービス拠点が少ないこと。サービス拠点が少ないということは、事故後の対応が悪いのではないかと心配するお客もいます。この点については、通販系の保険会社も自社の評判を左右することを自覚しているので損害サービスの向上に努めています。

通販系自動車保険選ぶなら>>

サービス拠点で選ぶなら代理店系自動車保険  2009:07:23:16:16:32
自動車保険は安さも大切だが、重大な事故、示談がこじれたケースなど対面で親切に相談に乗ってくれる人が、身近にいて欲しいという人には大手代理店の自動車保険がおすすめ。代理店系は保険料が割高になるのが欠点だ・・・(続く)
自動車保険の基礎は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害  2009:07:23:15:40:40
自動車保険はゴルファー保険や介護費用など特約が多くて非常にわかりにくい保険。しかし、自動車保険は車両保険を除けば、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害の4つ。 自動車保険は本来、被害者を救済するた・・・(続く)