自動車保険会社を比較する

09.jpg自動車保険料って以外と気にしてない人いますよね。一昔前まではどこの保険会社で契約しても、車や年齢条件が同じなら保険料も全く同じでした。そのため保険料をあまり比較することがなかった。

しかし、1998年の自動車保険の自由化により自動車保険会社が自由に保険料を決めることができるようになり、同じ条件でも自動車保険会社によっては安かったり高かったりするようになりました。

最近テレビでもよく見かける通販により自動車保険の販売・契約をする「ダイレクト系保険会社」は代理店にかかるコストを削減できるため、代理店系保険会社に比べて保険料が安くなっています。

つまり、代理店系から通販系へ保険会社を替えるだけでかなり保険料を安くすることができます。 さらに補償内容を絞れば保険料を安くすることができます。

保険料の違いは、車種の違いだけでも変わる場合があります。同じダイレクト系(通販系)でも差があるので自動車保険の更新をひかえている人は一度自動車の保険料を比較してみてはいかがでしょうか。

無料自動車保険一括見積もりはこちら>>

保険の手厚い特約本当に必要?

08.jpg保険のつくりってなんか複雑に感じます。でも保険の多くは本体である主契約とオプションの特約で構成されています。見分け方は商品名にある。○○特約などあればオプション付きの商品に間違いない。商品名がなくても複数の特約がついている可能性はある。この特約が要注意。

特約はあくまでもオプションなのに主契約より保障額が分厚いものが多く、万全な保険に入っていると勘違いしている。この保険の構成主契約が切れたら特約も終わる。特約の更新も条件が厳しく制約も多い。こんなハズではなかったなんてことなかったですか。

こんなハズではなかったと思いたくなければ>>

保険 基礎用語 まぎらわしい呼び名

07.jpg一般的な保険契約は、夫が保険に入り、妻を受取人にするケース。この場合、夫が保険の対象人となるので被保険者と呼ばれ、保険料も払っている契約者となる。そして被保険者である夫が死亡すれば、妻が保険金を受け取る受取人となる。

被保険者の病気や入院したとき、満期などでもらえるお金は、給付金や年金と呼ばれ、受け取るのは夫である自分である。

勘違いしないで欲しいのは、被保険者と契約者が同じである必要がないこと。被保険者が夫でも妻が保険料を払う契約者になって保険金を受け取る受取人になることも可能。

この場合注意したいのは税金が変わること。

詳しくは保険の専門家に相談した方がいい>>

高い保険料で万全保障のガン保険か割安のガン保険か  2010:03:15:14:39:48
ガンは日本人の3人に1人がかかると言われている病気。治療には、高度な先進医療を必要とするため費用がかかる。そのため、ガン保険のニーズは高い。 近年の医学の進歩に伴い、癌治療も日々進化し、それに伴いがん・・・(続く)
複数の自動車保険を無料で一括見積もり  2010:03:15:12:02:10
本当に必要な補償だけ充実させて、保険料を安く無駄を省きたい人には、通販系の自動車保険が人気です。しかし、たくさんの保険会社に個別に見積もりを依頼するのは面倒ですよね。そんなときはインターネットの自動車・・・(続く)
安い自動車保険を選ぶなら通販系自動車保険  2009:07:23:16:34:54
自動車保険と言ったら、大手代理店で契約するのが一般的だったが、今は本当に必要な補償は充実させ、保険料は安くしたいという人には通販系の自動車保険がおすすめ。 なぜ、ネットの通販系自動車保険が安いのかとい・・・(続く)
サービス拠点で選ぶなら代理店系自動車保険  2009:07:23:16:16:32
自動車保険は安さも大切だが、重大な事故、示談がこじれたケースなど対面で親切に相談に乗ってくれる人が、身近にいて欲しいという人には大手代理店の自動車保険がおすすめ。代理店系は保険料が割高になるのが欠点だ・・・(続く)
自動車保険の基礎は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害  2009:07:23:15:40:40
自動車保険はゴルファー保険や介護費用など特約が多くて非常にわかりにくい保険。しかし、自動車保険は車両保険を除けば、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害の4つ。 自動車保険は本来、被害者を救済するた・・・(続く)