通販型自動車保険の事故対応力が不安なら比較して選ぶ

通販型自動車保険の事故対応力が不安なら比較して選ぶ

通販型自動車保険の申し込みににのあしを踏む理由は、
事故対応に対する不安が要因のようです。

インターネットや電話で申し込む通販型自動車保険より
担当者や知り合いを通じて契約する代理店型の方が安心感はありますよね。

毎年1回は契約更新の際、あって話をするので
会話も慣れていて相談しやすいですから。

でも、通販型自走車保険も申し込みに不安を感じている人に、
安心して申し込んでくれるように考えています。

それが、セコムやALSOKが提供する「現場急行サービス」

自動車保険の基礎 基本補償は対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害

自動車保険の最低限の基礎知識 基本補償は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害の4つ
自動車保険の基礎は、対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害のイメージ画像

自動車保険は、ゴルファー保険や介護費用など特約が多くて非常にわかりにくい保険。
しかし、自動車保険は車両保険を除けば、以下の4つ。

対人賠償保険とは、
自動車事故で、相手(対人)をケガさせてしまったときの賠償金を保障してくれる保険。

対物賠償保険とは、
自動車事故で、相手の車や建物(対物)を壊してしまったときの賠償金を保障してくれる保険。

人身傷害補償保険とは、
自分や同乗者のケガや死亡を補償する保険。

搭乗者傷害保険とは、
保険契約している車に乗っている人のケガや死亡を補償する保険。

自動車保険は本来、被害者を救済するためのもので、不運にも事故を起こして、相手の身体や車に損害を与えたら、加害者はその損害を補う必要があります。

最近は、死亡事故で1億円以上の損害賠償を請求されることも珍しくありません。同じく対物も、電車を巻き込んだ事故や、荷物を積んだトラックが対象になると賠償額も高額になります。

そのため、生命や財産などの賠償金を補償する対人・対物賠償の保険金額は無制限にすることが主流になっています。

人身傷害と搭乗者傷害の違いは、
人身傷害は、実際に払った費用が支払われるのに対し、
搭乗者傷害は、事前に決められた保険金額しか支払われない点が違う。

自転車事故で加害者になった子供の賠償金が高額で払えない

自転車事故で加害者になった子供の賠償金が払えないほど高額な請求になるケースがある。
自転車事故で加害者になった子供の賠償金が高額で払えないのイメージ画像

自転車の事故って今も昔もあったと思いますが、
今ほど個人が情報を発信できる時代では無かったから
そんなに取り上げられていませんでした。

でも、小学生が高齢者の女性と接触して、
重度の後遺症が残る自転車事故を起こした事故がありました。

そのときの、賠償金額が9000万円を越える高額な賠償命令になっています。

こんな金額、普通の人が自己負担できる金額では無いですよね。

これを聞いたときは、
自転車に乗るときは自転車保険に入る時代になったと思いました。

厳しい判決ではありますが、自転車事故を起こした以上
賠償責任は負わないといけません。

これをきっかけに自転車保険の加入を義務づける自治体もあるそうです。

でも、この自転車保険って加入しなくても
今入っている自動車保険の特約で対応できるって知ってました?

そんな特約入ってないけど・・・

自転車保険の特約に入っていない人は、
自動車保険の見直しかもしれません。

でも一つ一つ比較するのは大変。
そんな時は、一括見積もり便利。

自動車保険のロードサービスがあればJAFは必要ない?

自動車保険のロードサービス充実してきたが、JAFのメリットもある。
自動車保険のロードサービスがあればJAFは必要ない?のイメージ画像

代理店型自動車保険はもちろん、
ダイレクト型自動車保険も、ロードサービスが充実してきましたね。

ロードサービスと言えば、JAFですよね。

周りの人に「JAF」に入っている?って聞くと
「JAFには入ってないよ。年間費結構するし」って答えられることが多い。

私自身はというと、
JAFの会員になって30年以上になります。

まだ継続中です。

でも、年間4000円払ってJAFを継続する必要があるのかって思うようになりました。

JAFを必要ないのかと思った理由は、
車を使う機会が減った。
ダイレクト型自動車保険のロードサービスが充実してきた。

てなところでしょうか。

そこで自動車保険のロードサービスとJAFの違いを
簡単に調べてみました。

よくあるロードサービスで違いを見てみると
JAFでは、「キー閉じ込み」「バッテリー上がり」が無料、
自動車保険のロードサービスでは、同じサービスで回数指定があったりします。

逆に、JAFには無くて自動車保険のロードサービスでは、
レンタカー代や宿泊費を保証するサービスがあったりします。

つまり、
自動車保険のロードサービスもJAFもメリットデメリットがあるということですよね。

自分自身のカーライフによってJAFに加入した方がいいのか?でしょうか。

サービス拠点で選ぶなら代理店系自動車保険

サービス拠点で選ぶなら代理店系自動車保険
サービス拠点で選ぶなら代理店系自動車保険のイメージ画像

自動車保険は安さで選ぶことも大切だが、重大な事故や示談がこじれたケースなど対面で親切に相談に乗ってくれる保険のプロが、身近にいて欲しいという人には代理店型の自動車保険がおすすめ。

代理店型自動車保険の最大の欠点は保険料が割高になることだが、なんと言ってもサービス拠点が多いことがメリット。

大都市圏に住んでいる人には、通販型も代理店型もサービス拠点に差はないのですが、地方に住んでいる人にとっては、大きな違いになります。やはり近くにサービス拠点があればすぐに対応してくれます。それに面倒なことが嫌い、保険が苦手、興味もない、事故が起きたときには対面で相談に乗ってもらえます。

そもそも代理店型の自動車保険の保険料はなぜ高いのかというと、代理店の数が多く経費がかかるのが大きな理由ですが、特約の多さも保険料が高い理由のようです。子供が入院したときの家庭教師の紹介など、本来の自動車保険に関係の無い付帯サービスがついていたりする保険もあったりします。

この点については、大手各社も特約の削減と保険のわかりやすさを目指して、保険商品の見直しを図っています。

それから代理店型の自動車保険がお薦めの人もいます。

それは事故を起こす可能性の高い20代、運転歴の浅い人、事故を頻繁に起こし保険等級が低い人、高級車の車両保険が必要な人などは、通販型の自動車保険では保険料が高く設定されているので代理店型の方がいいかもしれません。

ダイレクト型自動車保険と代理店型自動車保険の違い

自動車保険の加入方法の違い。以前からある対面式で、保険担当者を通して自動車保険に加入する方法が、代理店型自動車保険。一方、ネット社会で一般的になってきているのが、インターネットや電話などを利用して加入するダイレクト型自動車保険。通販型自動車保険とも言われます。 ...(続く)

先進医療とは

先進医療とは、厚生労働大臣が認めた先進性の高い医療技術のこと。つまり、医療費が健康保険対象外で、全額自己負担になるので高額な医療費がかかります。先進医療の例陽子線治療重粒子線治療など ...(続く)

三大疾病、七大生活習慣病とは

七大生活習慣病とは、がん心疾患脳血管疾患糖尿病高血圧性疾患肝硬変慢性腎不全七大生活習慣病のうち、死亡原因の上位3つのがん心疾患脳血管疾患が、三大疾病といわれています。 ...(続く)

「保証」と「保障」の違いって何?

保険で使われる言葉で、死亡保障や医療保障ってありますよね。「ほしょう」という言葉には「保証」って書く「ほしょう」もあります。では、「保証」と「保障」の使い方、違いについてお伝えします。保証とは、簡単に言うと約束するってことで、テレビの保証書のように、故障してもきちんと修理して使えるよう ...(続く)

被保険者と保険契約者が違ってもいいの?

一般的に、夫が保険に入り保険料を払い、保険の対象者である被保険者となり、妻が受取人となるケースが多い。しかし、保険料は妻は払い保険の契約者となり、保険金も受け取る受取人になることもできます。 ...(続く)

Top へ